NHK Aug. 28: 大雨の山口 逃げなかった人が半分以上

大雨の山口 逃げなかった人が半分以上
[08月28日 16時00分]

山口県では先月28日にとてもひどい大雨が降りました。山口市の阿東地区では半日で470mmも雨が降りました。これは普通の7月の1か月に降る雨よりも多い雨です。住んでいる人たちに「避難勧告」(=安全な所に逃げるようにという市町村が出す注意)が出ていました。
NHKでは、阿東地区に住んでいる115人にアンケートを行いました。逃げたかどうか聞くと、「家にいた」と答えた人は59%で、「家の外に逃げた」と答えた41%より多くなりました。
逃げないで家にいた理由は、「大丈夫だと思った」と答えた人が55%でした。「もう逃げることができなかった」と答えた人も30%いました。家を出ようとしても、周りの道は通ることができなくなっていて、逃げることができなかったことが分かります。
家に水が入ってくる危険や避難勧告などを知らせる市町村の放送については、「聞こえなかった」と答えた人が65%もいました。雨の音や停電などで「危険になっていることを知ることができなかった」と答えた人も多くいました。

http://goo.gl/MGG9GX

大雨おおあめの山口やまぐち 逃にげなかった人ひとが半分はんぶん以上いじょう

[08月28日 16時00分]

記事タイトル

 

言葉の色分け言葉の色分けの使い方

山口県やまぐちけんでは先月せんげつ28日にちにとてもひどい大雨おおあめが降ふりました。山口市やまぐちしの阿東あとう地区ちくでは半日はんにちで470mmも雨あめが降ふりました。これは普通ふつうの7月がつの1か月げつに降ふる雨あめよりも多おおい雨あめです。住すんでいる人ひとたちに「避難ひなん勧告かんこく」(=安全あんぜんな所ところに逃にげるようにという市町村しちょうそんが出だす注意ちゅうい)が出でていました。

NHKでは、阿東あとう地区ちくに住すんでいる115人にんにアンケートを行おこないました。逃にげたかどうか聞きくと、「家いえにいた」と答こたえた人ひとは59%で、「家いえの外そとに逃にげた」と答こたえた41%より多おおくなりました。

逃にげないで家いえにいた理由りゆうは、「大丈夫だいじょうぶだと思おもった」と答こたえた人ひとが55%でした。「もう逃にげることができなかった」と答こたえた人ひとも30%いました。家いえを出でようとしても、周まわりの道みちは通とおることができなくなっていて、逃にげることができなかったことが分わかります。

家いえに水みずが入はいってくる危険きけんや避難ひなん勧告かんこくなどを知しらせる市町村しちょうそんの放送ほうそうについては、「聞きこえなかった」と答こたえた人ひとが65%もいました。雨あめの音おとや停電ていでんなどで「危険きけんになっていることを知しることができなかった」と答こたえた人ひとも多おおくいました。

Advertisements

Tagged:

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: