NHK no furigana + original post 暑さと大雨の原因を調べる会議を気象庁が来月開く

暑さと大雨の原因を調べる会議を気象庁が来月開く
[08月27日 17時30分]

ことしの夏は東日本や西日本などで、1日でいちばん高い気温が35℃以上のとても暑い日が続いています。今月12日には高知県四万十市で気温が41℃になって、日本で今までで最も高い気温になりました。西日本の平均気温は、今までの統計の中で最も高くなっていて、東日本も2番目に高くなっています。
中国地方や東北地方の日本海側などでは大雨が続きました。しかし、西日本の太平洋側などで降った雨はいつもの年の20%以下でした。
このため、気象庁はことしの夏のひどい暑さは「異常気象」(=30年に1回以下の珍しい天気など)の可能性が高いと考えて、9月に「異常気象分析検討会」という会議を開くことを決めました。この会議は異常気象があったときに気象庁が開いて、専門家と一緒に原因を調べます。
気象庁は「ことしの夏は、暑さで熱中症になったり、水が足りなくなったりしています。大雨の被害も出ています。原因を細かく調べて、異常気象がこれからも続くかどうか考えたいです」と話しています。

Original post below

ゆうびんきょくでお年寄としよりを手伝てつだうサービスを始はじめる

[08月27日 17時30分]

記事タイトル

 

言葉の色分け言葉の色分けの使い方

郵便局ゆうびんきょくの会社かいしゃ「日本にっぽん郵便ゆうびん」は、お年寄としよりを手伝てつだうサービスをことし10月がつから始はじめることになりました。

このサービスでは、1か月げつに1050円えん払はらうと、1か月げつに1回かい、郵便局ゆうびんきょくの人ひとがお年寄としよりの家いえに行いったり、お年寄としよりに郵便局ゆうびんきょくの食事しょくじ会かいに来きてもらったりして、どんな生活せいかつをしているのか話はなしを聞ききます。そして、遠とおくの家族かぞくなどにそれを伝つたえたり、病気びょうきや生活せいかつなどの相談そうだんを24時間じかん電話でんわで受うけたりします。買かい物ものをしてほしいと言いわれたら、お年寄としよりの代かわりに食たべ物ものなどの買かい物ものをして届とどけるサービスも行おこないます。

日本にっぽん郵便ゆうびんではことし10月がつから、北海道ほっかいどう、宮城県みやぎけん、山梨県やまなしけん、石川県いしかわけん、岡山県おかやまけん、長崎県ながさきけんの100以上いじょうの郵便局ゆうびんきょくでサービスを始はじめてみることにしています。日本にっぽんには郵便局ゆうびんきょくが約やく2万まん4000あります。日本にっぽん郵便ゆうびんでは、将来しょうらいはいろいろな所ところの郵便局ゆうびんきょくでこの新あたらしいサービスを行おこなっていきたいと考かんがえています。

Advertisements

Tagged:

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: