NHK: 日本製3Dプリンター

日本製の3Dプリンターを作るために国も協力
[08月23日 16時00分]
通常のニュース原稿はこちら

 
 

言葉の色分け
言葉の色分けの使い方
「3Dプリンター」は、コンピューターのデータを使ってプラスチックや金属の粉で立体の部品を作る機械です。複雑な形でも簡単に作ることができます。いろいろな品物を作るメーカーの仕事は、3Dプリンターで大きく変わると言われています。
アメリカやドイツでは国や会社が一緒に3Dプリンターを新しく作る研究をしていて、日本より研究が進んでいます。
このため、経済産業省は、日本製の3Dプリンターを新しく作る研究に国が協力してもっと進める必要があると考えました。
経済産業省は、2014年度から機械や金属材料、自動車のメーカーなどと一緒にチームを作ります。そして約5年かけて、今約1億円という3Dプリンターの値段を半分ぐらいにする研究と、3Dプリンターに合う金属材料の研究をします。
経済産業省は、研究に必要な45億円を2014年度の予算に入れたいと考えています。

 

日本製にほんせいの3Dプリンターを作つくるために国くにも協力きょうりょく

[08月23日 16時00分]

記事タイトル

 

言葉の色分け言葉の色分けの使い方

「3Dプリンター」は、コンピューターのデータを使つかってプラスチックや金属きんぞくの粉こなで立体りったいの部品ぶひんを作つくる機械きかいです。複雑ふくざつな形かたちでも簡単かんたんに作つくることができます。いろいろな品物しなものを作つくるメーカーの仕事しごとは、3Dプリンターで大おおきく変かわると言いわれています。

アメリカやドイツでは国くにや会社かいしゃが一緒いっしょに3Dプリンターを新あたらしく作つくる研究けんきゅうをしていて、日本にっぽんより研究けんきゅうが進すすんでいます。

このため、経済産業省けいざいさんぎょうしょうは、日本製にほんせいの3Dプリンターを新あたらしく作つくる研究けんきゅうに国くにが協力きょうりょくしてもっと進すすめる必要ひつようがあると考かんがえました。

経済産業省けいざいさんぎょうしょうは、2014年度ねんどから機械きかいや金属きんぞく材料ざいりょう、自動車じどうしゃのメーカーなどと一緒いっしょにチームを作つくります。そして約やく5年ねんかけて、今いま約やく1億おく円えんという3Dプリンターの値段ねだんを半分はんぶんぐらいにする研究けんきゅうと、3Dプリンターに合あう金属きんぞく材料ざいりょうの研究けんきゅうをします。

経済産業省けいざいさんぎょうしょうは、研究けんきゅうに必要ひつような45億おく円えんを2014年度ねんどの予算よさんに入いれたいと考かんがえています。

Advertisements

Tagged:

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: