NHK: 「よく眠ることができない」と医者の診察を受ける人が増える

「よく眠ることができない」と医者の診察を受ける人が増える
[08月23日 11時30分]
通常のニュース原稿はこちら

 
 

言葉の色分け
言葉の色分けの使い方
東京都三鷹市にある杏林大学付属病院では、お盆(=先祖の霊を迎える行事)の休みが終わった後の20日、よく眠ることができないなどの症状で診察を受けた人が12人いました。これはいつもの約2倍でした。
多くの人が、昼間も眠いとか体が疲れたような感じが続いていると言っています。暑い日が続いていることや、休み中に夜遅くまで起きていたり、昼すぎまで寝ていたりして、生活のリズムが変わったため、体に影響が出ています。
杏林大学医学部の中島亨さんは「午前中に太陽の光を浴びると、体のリズムがよくなって、眠る時間が少しずつ早くなります。眠る3時間前から仕事やパソコンなどをやめて頭が休むようにして、よく眠るための準備をすることが大切です」と話しています。

 
..
 

「よく眠ねむることができない」と医者いしゃの診察しんさつを受うける人ひとが増ふえる

[08月23日 11時30分]

記事タイトル

 

言葉の色分け言葉の色分けの使い方

東京都とうきょうと三鷹みたか市しにある杏林大学きょうりんだいがく付属ふぞく病院びょういんでは、お盆ぼん(=先祖せんぞの霊れいを迎むかえる行事ぎょうじ)の休やすみが終おわった後あとの20日はつか、よく眠ねむることができないなどの症状しょうじょうで診察しんさつを受うけた人ひとが12人にんいました。これはいつもの約やく2倍ばいでした。

多おおくの人ひとが、昼間ひるまも眠ねむいとか体からだが疲つかれたような感かんじが続つづいていると言いっています。暑あつい日ひが続つづいていることや、休やすみ中ちゅうに夜遅よるおそくまで起おきていたり、昼ひるすぎまで寝ねていたりして、生活せいかつのリズムが変かわったため、体からだに影響えいきょうが出でています。

杏林大学きょうりんだいがく医学部いがくぶの中島なかじま亨とおるさんは「午前ごぜん中ちゅうに太陽たいようの光ひかりを浴あびると、体からだのリズムがよくなって、眠ねむる時間じかんが少すこしずつ早はやくなります。眠ねむる3時間じかん前まえから仕事しごとやパソコンなどをやめて頭あたまが休やすむようにして、よく眠ねむるための準備じゅんびをすることが大切たいせつです」と話はなしています。

Advertisements

Tagged:

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: