NHK: アメリカ キング牧師ぼくしの有名ゆうめいな演説えんぜつから50年ねん

アメリカ キング牧師ぼくしの有名ゆうめいな演説えんぜつから50年ねん

[08月26日 16時00分]

記事タイトル

言葉の色分け言葉の色分けの使い方

キング牧師ぼくしは、人種じんしゅの差別さべつをなくそうとしたアメリカの有名ゆうめいな黒人こくじんの牧師ぼくしでした。1963年ねん8月がつ28日にち、ワシントンのリンカーン記念館きねんかんで人種じんしゅの差別さべつはやめようという演説えんぜつをしました。その中なかの「I have a dream.(私わたしには夢ゆめがある)」ということばは今いまでも大勢おおぜいの人ひとが覚おぼえています。

その演説えんぜつからもうすぐ50年ねんになるため、24日にじゅうよっか、ワシントンで大おおきな集会しゅうかいがありました。キング牧師ぼくしの息子むすこのマーティン・ルーサー・キング3世せいや大勢おおぜいの人ひとたちが集あつまりました。

ノースカロライナ州しゅうに住すんでいるフェリス・スレイドさん(66)は50年ねん前まえ、高校生こうこうせいのときに、ワシントンに来きてキング牧師ぼくしの演説えんぜつを聞ききました。今回こんかいもその時ときと同おなじように、ワシントンまで約やく500kmをバスに乗のって来きました。スレイドさんはNHKの記者きしゃに「黒人こくじんと白人はくじんは今いまも平等びょうどうではありません。すべての人種じんしゅ差別さべつをなくさなければなりません」と言いいました。

最近さいきんの世論調査よろんちょうさでは、人種じんしゅの差別さべつがない社会しゃかいを作つくるためには「しなければならないことがまだ多おおい」と黒人こくじんの79%が答こたえています。アメリカでは今いまも差別さべつが残のこっていると多おおくの人ひとが考かんがえています。

http://goo.gl/T4DUIn

アメリカ キング牧師の有名な演説から50年
[08月26日 16時00分]
通常のニュース原稿はこちら

言葉の色分け
言葉の色分けの使い方
キング牧師は、人種の差別をなくそうとしたアメリカの有名な黒人の牧師でした。1963年8月28日、ワシントンのリンカーン記念館で人種の差別はやめようという演説をしました。その中の「I have a dream.(私には夢がある)」ということばは今でも大勢の人が覚えています。
その演説からもうすぐ50年になるため、24日、ワシントンで大きな集会がありました。キング牧師の息子のマーティン・ルーサー・キング3世や大勢の人たちが集まりました。
ノースカロライナ州に住んでいるフェリス・スレイドさん(66)は50年前、高校生のときに、ワシントンに来てキング牧師の演説を聞きました。今回もその時と同じように、ワシントンまで約500kmをバスに乗って来ました。スレイドさんはNHKの記者に「黒人と白人は今も平等ではありません。すべての人種差別をなくさなければなりません」と言いました。
最近の世論調査では、人種の差別がない社会を作るためには「しなければならないことがまだ多い」と黒人の79%が答えています。アメリカでは今も差別が残っていると多くの人が考えています。

Advertisements

Tagged:

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: